振動衝撃実験

PMPは材料分子構造を変わる技術と設備が揃っていて、製品に長期間と

厳しい信頼性試験に合格させます。

 

PMPの振動分析設備はハードディスクが作動と運輸することを真似でき、撃設備は製品が高いところから落ちることが真似できます。

PMP自行開発の衝撃緩和材が製品を保護して、落ちっても作動なども問題ないです。

無響室、スペクトル分析設備は材料が音声に対する吸収と透過のことを分析できて、声関連部品の開発に役に立てます。

電磁波吸収材は電磁波が吸収できて、電子部品に電磁干渉させるのことを防止できます。製品に正常の作動を維持できます。  

 

分析設備の例:縦軸/軸振動設備、無響室、振動/騒音スペクトル分析設備、

撃測定設備、EMIスペクトル分析装置です。